就職に強いのが魅力!保育士免許の取り方は大きく分けて二つある

指定保育士養成施設を卒業すれば保育士免許が取れる

厚生労働大臣が指定する大学や短大、専門学校に通って単位を取得し、卒業することで保育士免許が取得できます。難しい試験に挑まなくてもいいので、この方法は最も安全に保育士免許が取得できる道になりますね。単位を取得して卒業をするだけなら誰にでもできますし、どうしても保育士になりたいならこの手法が一番でしょう。ただし、大学に通うとなると時間もかかりますし、学費も高いのでその点だけがネックです。通信でも保育士資格は取得可能です。

年に一回行われる保育士試験に合格をする道も

大学や短大、専門学校を卒業するのは長い時間がかかります。その時間が待てない人は、保育士試験に挑戦をしてみるのもいいでしょう。保育士試験は年に一回行われていて、そこでいい成績を収めれば大学などには通う必要がなくなります。費用の削減になるので、お金が使えない人にはいい方法になりますよね。ただ、受験資格を満たしていないと試験には挑戦することができないので注意しましょう。自分が受験資格を満たしているかは、ホームページで確認ができます。

それぞれメリットとデメリットがあるので慎重に検討を

この二つの道には、それぞれメリットとデメリットがあります。大学や短大、専門学校へ通うと、保育実習を受けることができるので初心者でもスムーズにスキルが身につくというメリットがあります。保育以外のことについても学べますし、大学なら大卒資格も手に入ります。保育士の業界でもやはり大卒の肩書は重要ですから、こちらの道は費用がかかると言ってもその分メリットが豊富です。試験に一発合格をするのは大変ですから、多くの人がこちらの方法で保育士免許を取得しているのが現状です。

保育園の求人は、保育士や看護師があります。元気な子供以外に病気の子供も預かる場合には、看護師が活躍します。

Separator image