余裕があって時給の高い、医師のアルバイトとは?

健康診断の場で活躍する

一度現場を離れた医師は、過酷な現場に戻るまでに、相当の精神力と体力を必要とます。そんな時の足掛かりになるのは「アルバイト」という雇用形態です。そのひとつとして、健康診断の現場があります。最近では非常にニーズが高まっており、健康な方を対象とした健康診断の現場は精神的負担も時間的負担も少なく、人気が高くなっています。女性のみの検診もありますので、女性医師限定の雇用などもあり、雇用体系が多様化しています。

インフルエンザ等の予防接種に徹する

体的に多数の方が接種しにくる、インフルエンザやワクチンなどの予防接種の現場でもアルバイト医師のニーズが高まっています。短時間で多くの方の問診をしなくてはいけないので、常勤の医師だけでは人出が足りないからです。長期のアルバイトではありませんが、短期でがっつりと稼ぐことが出来ます。そして混雑時を除き、注射の接種自体は看護師がする場合がほどんどですので、医師への心身そして時間拘束の負担が少ないのも特徴的です。

病院内で、夜間の当直をする

時間帯を考えると少々過酷ですが、病院での夜間の当直というアルバイトもあります。常勤の医師が手薄になる夜間から明け方にかけてのアルバイトで、主に病棟に入院している患者への緊急処置やケアなどをすることになります。患者の急変などがなければ、病院に泊まるだけで良いので楽だと言えるでしょう。もちろん何名かの看護師も当直していますので、医師一人の方に負担がかかることはありません。平均の相場は、1晩で4万ほどです。

医師のバイト先は小さな診療所が最適です。診療所は元々個人経営なので医院長の休日に代診することで医院長の抱える患者の診察を担当できるからです。

Separator image