キャリアと育児は両立可能!出産前に考えたい事

時代が女性に追いついた

戦前の日本では女性が社会的キャリアと子育てを両立させるのは難しい現実がありましたが、平成の日本では工夫次第でそれも不可能ではなくなっています。女性がキャリアと育児を両立させる上で利用できる外部サービスも増えていますので、出産前に自身がどのような形で育児を進めて行くかプランを立てる事が大切です。もしも女性一人の手で育児を行なおうと考えれば仕事との両立は難しいですから、できるだけ公的サービスや周囲の人達を頼る知恵を身につけましょう。

そばにいる人の手助け

女性が子育てをしながら働き続ける上で最も欠かせない手助けと言えば旦那さんの存在です。少しでも子どもに寂しい思いをさせたくない場合、結婚前の段階で旦那さん選びに慎重になる事が大切なのです。男性の中には女性に専業主婦になってほしいと願っている人や、家事や育児に携わりたくないと考えている人達が存在しています。そのような方と家庭を築いた場合、女性が過度な負担を被る事は避けられません。しかし男性の中には自ら育児や家事を積極的に頑張りたいと願う人達や専業「主夫」を希望している方が存在しています。そのような男性と結婚すれば女性が家庭と仕事を両立させる事は可能になるのです。

利用できるサービスとは

男女共に共働きで子供を育てようと思った場合、疎かになってしまうのが家事です。家の中が汚くなったり料理ができなければ子供の育児にも大きな悪影響を及ぼしてしまうでしょう。しかし平成の日本では家事代行サービスが整っているだけでなく、簡単に購入できる栄養満点のお惣菜がどこでも販売されています。こうした外部サービスを積極的に使用すれば、子供の生活環境を守りながら女性がバリバリ働く事も難しくないのです。哲学を持って育児をしている人であれば、料理は全て手作りなどこだわりたいポイントが生まれますが、どこかで柔軟になるようにしましょう。

仕事と子育てを両立することは非常に難しいことです。シングルマザーの仕事のあり方を見直さなければ、今後の少子化問題へも大きく影響してしまいます。

Separator image