求人情報や求人の出し方で会社を見極める!

早期の就職を目指すなら急募求人をチェック

求人情報に、急募と書いてある場合は早期の就職を目指しやすいです。なぜ急募なのかは各会社によって事情は異なりますが、一刻も早く人材を入れたいという思いが急募という情報として表れています。急募なので細々とした選考を行う可能性が低く、もし自分自身に弱みがあったとしても目をつぶって採用していただけるケースもあります。仕事を悠長に選んでいる場合ではない求職者は、急募求人に積極的に挑戦することで道が開かれます。

小規模なのに多くの採用予定人数の場合

例えば社員数が10人ほどの小さな会社が、3人採用すると求人を出していたら競争が発生します。とりあえず3人を採用し、試用期間の間に競わせて一番優秀な人間が正社員を勝ち取ります。なので、このようなケースは内定が決定してからが本当の勝負となります。競争に勝てば何ら問題はありませんが、もし競争に負けてしまうとまた一から職探しを行うことになります。競争の道に進むか、複数採用でない会社を目指すか決めなければいけません。

性別を意識した表記に注意

男女雇用機会均等法という法律があり、求人情報の中に「男性のみ募集」などと明記することはできません。基本的に求人は男女ともに応募可能というスタンスで出さなければいけません。しかし、女性が来てほしいのに男性の応募ばかりだと対応に時間がとられて非効率的です。このような場合は、「女性が活躍中」などと書いてあります。これは、女性が活躍しているので女性の応募を待っているという意味です。また、「20代が活躍中」ですと若い職場なので若い人材を求めているという意味になります。

CADオペレーターは、設計者のスーパーアシスタントという立場です。CADという図面を描くソフトを扱う人のことを言います。

Separator image