保育士として働きたいけど、どうしたらいいのかしら…

保育士資格を持っていることが条件になります!

パートの保育士さんや、保育補助というお仕事だと、無資格でも勤められるケースがありますが、ほとんどの場合には、保育士資格が必要です。保育士資格を取得していると、保育園のほかにも児童福祉施設などで働くことができますし、また、今は企業内でも保育士が求められているので、この資格を取ることは、子ども関係の仕事をする上では欠くことのできないことだといえるでしょう。資格の取得には、専門の学校や専門の学部で学んで取る以外に、自分で勉強して国家試験を受ける道もありますよ。

私立保育園の保育士になるには?

私立の場合、そこを運営している団体が求人を出し、採用が決定されます。保育園の園長さんが決定する場合もあるし、保育園を運営しているところに決定権があるケースもよく見受けられます。保育士を募集しているネットのサイトなどを参考にしながら、求人を探すのも一つの方法です。私立の場合には、その保育園の関係者の紹介で決まることもありますし、情報が公開されていないこともあります。自分の出身の学校に求人が来ることもあるので、いろいろな方面からのアプローチが必要になりますね。

公立保育園の保育士になるには?

公立保育園の場合には、自分が勤めたい市区町村の自治体への問い合わせが必要です。最近では、ネットの中の各自治体のホームページに、保育士の採用についてのページがありますから、そこで調べてみるのがよいですね。でも、ネットだけではなく、実際に市区町村の役所に行って、採用の時期やその手続きなどについて聞いてくることをおすすめします。公立の場合、正規職員になるには各自治体の採用試験を受けることが必要です。非常勤の保育士の場合は随時採用を決めているところが多いですが、正規の保育士の場合には、年に一回の募集ですから気を付けましょう。

保育士の資格を持っているものの、就職をしない人が少なくありません。たしかに保育士の求人自体は多いものの、労働条件が他業種と比べて良くないからです。

Separator image