保育士の免許がなくても保育園で働くのは可能

保育園で働くための方法

保育園で働くには保育士の免許が必要ではないかと思うかもしれませんが、実は必ずしもそうではありません。保育補助といって、補助やサポートをする仕事ならば免許がなくても働くことが可能です。そのため、何の経験も免許もなくても保育園で働くことはできます。保育士の資格をとるためには、試験に合格すればよいので、要領のいい人は独学で資格を取ることも可能です。ですが、やはり一発合格は難しいため、まずは保育補助の仕事を経験すると後々役立ちます。

保育補助の求人の特徴とは

保育補助の求人の特徴とは、枠が少ないことと人気のためすぐうまってしまうということです。保育園は一定数の保育士が必要なので、やはり優先的に資格を持った人間を採用します。そのため、資格が必要という条件がある場合も少なくありません。また、無資格でもOKという場合でも、枠が少なく人気が高いのですぐにうまってしまうことが多いのです。しかし、登録制の求人情報サービスなどもあるため、諦めずに探せば必ず自分にあったところは見つかります。

保育園で働いた経験があった方が後々有利

保育園で働きたいならば保育補助の経験がある方が有利になります。なぜならば、採用する側は実務経験があるかどうかを重視することが多いためです。また、保育士試験の一発合格は難しいので、その間に実務をつむことでよりスムーズな保育士としてのスタートがきれます。実際に働いてみることで、試験の内容が具体的に頭に入ってくるというメリットもあります。免許をとるためのスクールや通信講座はいろいろありますが、独学よりも講義や添削などがあるほうが効率がいいのでおすすめです。

保育士の求人の見つけ方は、ハローワークやネットで検索することです。また、園によっては、自分の保育園のホームページに求人情報を掲載しているとこもあります。

Separator image