最新の設備を導入している介護施設での働き方って?

肉体労働の負担が軽くなる!

介護のお仕事は肉体労働の側面があります。毎日介護施設で暮らすお年寄りの介助を頑張らないといけないですが、職員さんの体のケアもきちんと行わないと腰やひざを痛めてしまうこともあります。職員が体力を消耗しないで、少しでも肉体に与える負担を軽減するために、お年寄りを抱えたり、持ち上げたりする時に使用する、最新設備の導入に積極的な施設も多くあります。どんなマシンを導入するかは実際に職員さんの意見を反映させているそうです。

電子化で仕事が楽に?

介護の現場では、作業をスムーズに行ったり、なるべく業務の無駄を省いてお年寄りが快適に暮らせるようにするだけではなく、職員も快適に働くことができるように、あらゆる項目をデジタル化して管理する流れが生まれています。血圧や食事などの細かい項目の介護記録をまとめて管理することで、職員間の連携を取りやすくなったり、スピードがアップしたりなどの効果が出ているんですよ。介護の仕事が楽にできるようになれば、人材が定着するようになりますよね。

機械化しすぎないように…

車いすの要素を取り入れたベッドや、移動用リフトなどの設備が充実していると、確かに仕事をする側は体力を温存しやすくなりますから、元気に働くことができますよね。でも、いくら器具などが便利だからといっても、使う側が相手のことを思いやっていないと上手にお世話をすることはできません。介護の仕事も人と人との心の触れ合いが何よりも大切なんです。初心を忘れないように、スタッフ同士で定期的なミーティングをしていきたいですね。

介護の求人を横浜で探すメリットは、件数が豊富にあることです。また、交通アクセスが充実していて、通いやすい点も魅力の一つです。

Separator image